So-net無料ブログ作成
検索選択

となり町戦争 (2006 日本) [映画]


となり町戦争
タイトルに”戦争”と付いてはいますが、硫黄島2部作みたいな戦闘シーンは全くないです。でも、ちょっと怖かったです。
物語は戦争など行われてないように普通の日常が描かれているのですが、町の広報誌で転出、転入と同様に戦死者が報告されていたり、ある日同僚が突然亡くなったりと間接的に戦争が行われていることが伝わってきます。江口洋介演じる主人公の北原も通勤途中の敵地の状況を報告するだけという任務から原田知世演じる役所の戦争対策室の女性と夫婦を装った敵地潜入と戦争に巻き込まれてしまいます。そんな状況でも普段と大して変わらぬ日常が過ぎていきます。
映画では日本国内の小さな町通しの戦争というありえない状況ですが、これを世界のある地域の戦争として考えると急に現実味を感じ怖くなりました。
笑えるシーンも多いのですが、結構考えさせられる映画でした。上映館は少ないのが残念です。
となり町戦争 公式サイト


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。