So-net無料ブログ作成
検索選択

アイルトン・セナ ー音速の彼方へー(2010 英) [映画]


アイルトン・セナ~音速の彼方へ [DVD]
ゴールデンウィーク、買っていて見ていないソフトを消化しています。今日は、アイルトン・セナのドキュメンタリーを選択。トールマンでのF1デビューロータスでの才能開花、マクラーレンでの絶頂期、そして…1994年5月1日…なにげなく観た日ですが…。
あれから17年、すっかりセナよりも年をとり、甥っ子がF1デビューした今ですが、当時のことを思い出し、嗚咽してしまいました。ショッキングな出来事でした…。
映像に映る、80年代のF1は、近年の空力重視のマシンと違い、迫力があり、カッコいいですね。JPSのロータスを見ると、今年のルノーの黒+ゴールドカラーリングは、ぜんぜんダメですね…。
あらためて、セナは天才だったなと思い、究極を追求しなければ、今も現役(F1ではないかもしれませんが)で活躍していたかも、と思ってしまいました。


タグ:F1 セナ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画館のメンバーカード [映画]

11/1から新宿ピカデリーのメンバーカードの特典が変わりました。「お客様のアツいご要望にお応えしてポイント交換アイテムを増やしました!」と確かにポップコーンドリンクプラチナシート招待とアイテムが増えましたが、映画1本無料が6ポイントから8ポイントに変更で、しかもポイント期限ができて6ヶ月以内と、どちらかというと改悪だなと思ってました。
私もたまったポイントは、10月中に使ってしまおうと思い先週末、何か見ようとしてたのですが、台風で行けず、失効したかとあきらめてました。しかし、今日新宿ピカデリーのサイトを見ると、1本無料は来年2月末まで6ポイントのままと猶予期間ができたようです。やっぱり苦情が多かったのでしょうか…
私が他にメンバーカードを持っているTOHOシネマズとか109シネマズのメンバー特典は、6作品鑑賞で1回無料と変わらないようで、今後はこちらの利用が多くなるかも。
全国で使えるのも良い!TOHOシネマズのシネマイレージカードが有楽町・日比谷エリアでも使えるようになってからは大活用してます!ピカデリーも全国共通にしてほしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010 日本) [映画]

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』 完全読本 (ぴあMOOK)7年前の「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の頃は、興味がなく全く見てなかったのですが…その後、「サマータイムマシン・ブルース」、「UDON」など本広監督作品が大好きになり、今回は7月3日に公開され、その週の内に見てしまいました。
公開前に映画2作だけでなくTVシリーズからDVDレンタルしで復習しておいたので、楽しめました。続編できることを期待してます。
出演者にヨーロッパ企画の人たちや「曲がれ!スプーン」の細男とか、踊る以外の作品もチェックしている私は、他の人よりも楽しめたかもしれません。
暗闇で光る目は「水曜どうでしょう」絡みかな、と思っていたら9月3日のHTB水どう藤村Dの日記で本広監督と交流があって水どうDVDもお気に入りだという記述があり、納得です。このシーンで劇場内で笑っていた人はほとんどいなかったですねw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アバター (2009 米) [映画]


アバター (ジェームズ・キャメロン 監督) [Blu-ray]
いまさらですが、アバター観てきました[わーい(嬉しい顔)]
昨年、予告編観てた感じで、イマイチ興味がわかなかったのでスルーしてたのですが、3D版の評判が良いので技術的な興味から観に行ってきました。IMAX方式の109シネマズ川崎でしたが、公開十週目だというのに、ほぼ満員で帰りにチケット売り場には、土曜日も完売の張り紙がありました。
感想ですが、奥行きのある映像、目の前を舞う生物や火の粉、リアルな空中戦など3D映像は楽しめましたが、ストーリーはありきたりな感じで、やはりイマイチでした。途中、マイケルジャクソンThis Is It的なシーンもありました。あの映画も3Dで観ると良かったようでしたが、その時は行かなかったので後悔です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イングロリアス・バスターズ (2009米) [映画]


映画秘宝 2009年 12月号 [雑誌]
痛快でした。久しぶりのタランティーノ映画
つまらなかったらお金返すって言ってたけど、そんな事した人いたのだろうか?
途中グロテスクな所もあるので、人によってはいたかも。まあ、そういう人は、タランティーノ映画には合わないという事で残念でした。
あいかわらずレトロな感じで始まる映画ですが、時代は第2次世界大戦中、ナチス占領下のフランスでの物語。予告とかチラシとか見ていた段階では、ブラピ中心でセクシーな美女を従えてのナチスと戦っていくのかと思っていたら、意外なストーリー展開。最後まで予想がつかず、目が釘付けでした!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

さまよう刃 (2009 日本) [映画]

東野圭吾原作、寺尾聰主演の被害者の父が、法律ではたいした罪にはならない犯人の少年達に復讐を行う少年犯罪問題を扱った物語です。自分も犯罪者となっていく父親の気持ちもよくわかるが、「下手な復讐は身を滅ぼすだけ」という怨み屋さんの言葉を思い出してしまいました…。
ちなみに、川崎チネチッタで鑑賞しました。この映画のクライマックスは、チネチッタを含む川崎駅周辺撮影されていたので、見終わってすぐロケ地探索が出来ます[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

N43°TEAM NACS FILMS (2009 日本) [映画]


TEAM NACS FILMS N43° [DVD]
TEAM NACSの5人がそれぞれ監督したショートフィルムが詰め込まれたオムニバス映画です。単館上映等で劇場では見られなかったので、DVDを購入して、やっと鑑賞できました。
頑張れ!鹿子ブルブルズ!(脚本・監督:大泉洋)
 NACS5人のキャラクタを生かしたコメディ
神居のじいちゃん(脚本・監督:音尾琢真)
 ベテラン俳優夏八木勲主演のファンタジー
部屋クリーン(脚本・監督:戸次重幸)
 舞台やドラマの脚本も手がけるシゲによる、絵と実写の融合にチャレンジした作品
ヤスダッタ3D(脚本・監督:安田顕)
 自身が一人三役をこなす意欲作(?)。やっぱり脱いじゃってます
AFTER(脚本・監督:森崎博之)
 50年後のNACSを描いたリーダーならではの作品。
見事に5人とも違う感じで作成されていて、思ったよりも良い作品ばかりで、映画本編とメイキングの2枚組でドラバラっぽくもあり満足しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

旅立ち 〜足寄より〜 DVD発売! [映画]


旅立ち~足寄より~ [DVD]
私も観て感動しましたが、小作品なのにYahoo!映画やMovieWalkerでのユーザ評価でも結構高得点な作品です。早速私も購入してメイキングを観ましたが、松山千春本人の現場訪問や試写会でのコメントにぐっときました。特典映像なのに、ちょっと涙が…。本当にいい作品です。
で、松山千春の「月刊松山『捨石】」(全然、月刊では無いですが…)の最新号で、竹田さんにまつわる千春自身も最近知ったエピソードが語られていまして、これにまた感動してしまいました。電車の中で読んでいて、あぶなく涙をこぼしてしまいそうになりました…。本当に竹田さんって、スゴい人だったんだな、とあらためて思いました。

月刊松山「捨石」 vol.9(2009JUL.)
別の記事で、最近の雑誌が売れないのは、若者の活字離れとよく言われているが、若い編集者の力不足で雑誌に魅力がないためではないか、という意見には納得ですね。自分で現場で取材するのではなく、机に座ってネットで集めた情報だけでは、金出して買いませんよね…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハルフウェイ (2009 日本) [映画]


ハルフウェイ (幻冬舎文庫)
ロングバケーションや素顔のままで等のテレビドラマの脚本家北川悦吏子が初監督を行った作品です。卒業間近で付き合い始めた高校生カップルが、進学によりバラバラになるのか、一緒の大学に進むのかで悩むという、よくありそうな話ですが、脚本は撮りながら仕上げられたのか、脚本にはそもそも台詞はなかったのか、という感じの自然な言葉で進むストーリーが良かったです。
岩井俊二と小林武史がプロデュースという事ですが、撮影は2007年みたいなので、日テレでやってたハッピーミックスとは関係ない企画だったんですね。プロデューサーの岩井俊二は、編集にも携わっているので雰囲気は岩井映画でした。
キャストでは、北乃きいと仲里依紗が良かったですね〜、卒業してもずっと続いて行きそうな親友という感じが、よかった〜。
この映画は、私のようなおじさんは懐かしく見れますが、本人達は大人びた事言うかもしれないけど、まだまだ人生はHALFWAYな高校生に見て欲しい映画ですね。

ハルフウェイ 公式サイト
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

罪とか罰とか (2009 日本) [映画]


罪とか罰とか (小学館文庫)
売れないアイドルの久しぶりのグラビアが印刷ミスだったり、つい万引きしちゃったり、さえないサラリーマンが、殺人現場を目撃したり、交通事故があったり、と冒頭は様々な事がバラバラに描かれているけれども、それぞれには関連が、というお話です。コメディですが、監督がケラリーノ・サンドロヴィッチなので、彼のことを知らない人には馴染めないかもしれません。実際、隣にいた年配の夫婦は引いてたし、途中で席立った人もいたみたい…。
映画は、前半は画面に人がいないのに会話が続くシーンとか、公園に舞台のセットみたいがあるしーんとか、ストーリーもバラバラだけど、最後にはまとまって納得でした。途中で帰ったらもったいない。
映画の中の警察では、一日署長は、本当に職務について権力行使ありとか、警官の事件はもみ消しとか、ブラックな、でも笑える環境で描かれています。
出演者では、犬山イヌコがよかったですね。多くのタレントの仕事をさばくやり手マネージャで一日署長やれば万引き帳消し等駆け引きも上手、「噛んじゃった」も笑った。
あと、カメオ出演で行定監督がいましたね。

罪とか罰とか 公式サイト

今朝のニュースでケラさんと緒川たまきと入籍は驚きました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。